オデッセイのロゴ

教師をやめた理由

皆さんこんばんは😃深夜から畑中です🌃✨

今日は前回ブログの続編「なぜ夢だった教師をやめたのか」について過去をさかのぼりながら書いていきたいと思います😃

まず、私は大学時代に教職はとっておらず、教師になりたいなんて気持ちは微塵もありませんでした。いや、少しはなりたい気持ちはあったのだろうと思いますがなってはいけないと思っていました(勉強したことがないから)。ただ、大学四年時にラグビー部で副キャプテンを任されることになり、チームをまとめたり後輩を教えたりする中で、「あぁ教師してみたいな。」と思い始めることになりました。しかし、就活真っ盛りの四年生。そんな悠長なことは言ってられません!当時22歳の若さで「今さら教職は、、」と思っていたものです。だって周りは一年生からとっているのですから気になりますよね!(チキン野郎)

まぁそんな感じで一回目のチャンスを逃してしまいました。そしてご縁があり「社会福祉法人ゆうかり学園」という障がい者福祉施設に入社することになりました。施設での話はまたどこかで書きたいと思いますが、まぁぼちぼち楽しくやってました😃しかしどうも教職の道が頭から離れず色々と葛藤し、ビールを飲んでごまかしながら母親に相談したものです。母親は「教師なりたいなら、お金の心配はいらんから目指していいばい。」と言ってくれました。しかし会社をやめる勇気もなければ本当に目指す勇気もなく断念。二回目のチャンスを逃してしまいました。いや~チキン。チャンスを逃したことを正当化する自分もいて、自分が嫌になりましたね😃

しかし時は来ます。25歳の時に第一子となる娘が生まれました👶すぐにではなかったですが、親になって色んなことを考えました。「俺はどんな親になりたいんだろう」。「子どもはどんな親であってほしいと思うだろう。」「人生そんなもの」。「常識」。

長く考えましたが、なんとなく人生の分岐点だということが自分の感覚にありました。「ここで行かなければ俺はこの先何事も一生進みきれないだろう。」

三回目のチャンス。今まで鍛えぬいたチキンが邪魔するが。殴り飛ばして、何も考えずGOじゃあ~!!

というわけで晴れて決断することができました😃

深く悩みに悩んだ一歩は非常に重たいですね。しかし踏み出さなければなりません。

結果、27歳で母校に教職を取りに行くことになりました😃夢への一歩を踏み出したのですからそれはそれはエネルギーに満ち溢れていました😍現役時代の学業においては欠点、追試だらけだった私が、教育相談と日本国憲法のテストは100点とった程です💯(やればできる👏)

そして前回ブログで書いた通り、保健体育の教員採用試験には落ちまして。。障がい者福祉施設で働いていたこともあり、恩師のN先生のご紹介のもと、特別支援学校に勤めることになりました😃

本当に夢の中の気分でした。仕事はそりゃきついこともありましたが、何より挑戦した自分と、夢だった学校現場で働いている自分に対して嬉しい気持ちでした😊

そして二年間勤めることになりましたが、運よく二年間とも卒業学年を受け持ち、感動もいただきました✨さて、あとは正規採用されるために勉強、勉強!という流れしか考えられないのですが、ここからが本題❗(長かったですね)

なぜ、夢だった教師をやめるのか!わざわざ社会人になって免許を取りに行ったにも関わらずです。

その理由は、障がい者福祉施設で働いた経験もあったのでしょう。一つは、教師として働いている中で、障がいを持った子ども達が学校を卒業したその先の長い人生を充実させたいと強く思い始めたこと。学校の先生方が、子ども達の将来の自立のため、社会参加のために日々教育活動を頑張っているのにも関わらず、障がいを持った子ども達の卒業後の進路は選択肢があまりにも狭いです。そしてもう一つは、教師としては絶対敵わないなと思えた先生と出逢えたこと。決して勝負事ではないのですが、いやぁ本当に敵わないなと思いました。

子ども達の人生を輝かせるための仕事なので、自分が一番力になれるフィールドはどこかと真剣に考えたときに、学校ではなくリアルな社会と繋げることのできるフィールドの方が力になれると思いました😊(学校楽しかったですけどね。)

私はいま、障がい者福祉施設の放課後等デイサービスで働いていますが、ずばり目的は子ども達が将来安心して自由に生きていくことのできる真のユニバーサル社会の実現です😃このオデッセイもその一つです😊✨

いやぁ夢とはなんでしょうね。教師になるのが夢だったのが、いざなってみると次の夢が溢れてくる。夢を追っている途中に夢の捉え方が少し変わってきていて、いまでは夢とは「どこかぼんやりとしていてはっきりしないけど美しいもの」のような気がします。子ども達のために夢中になって走っている今こそ夢の中なのかもしれませんね😊

ただ間違いなく言えるのは学校での経験がなければ「いまの想い」は絶対にないということ。

さあ、未来は僕らの手の中!GO!!

  • 前の記事→

TRIAL

体験会のご案内

オデッセイでは、入部希望の方を対象とした無料体験会を随時開催しております。
参加ご希望の方は、電話またはメールにてお問い合わせください。