オデッセイのロゴ

オデッセイの可能性

皆様こんばんは!今日は2019年9月に結成した成年版オデッセイ創立の目的を紹介したいと思います!

2019年日本W杯 初のベスト8

「ラグビー経験者だけが集まるただのクラブチームにはしたくなかった。」

 以前、私が障がい者福祉施設や特別支援学校で勤務をしていた時、障がい者たちと仕事上だけでなくプライベートとして関われる、自由で安心できるコミュニティの場となるものを提供できないものかとずっと考えていた。障がいに対する理解が進んだとはいえ、「障がい者が生きやすい社会」にはまだ遠い。

そして、思考を重ねて練り上げたものが、国籍、年齢、障がいの有無、能力差に関わらず、誰もが楽しく参加することのできる「ユニバーサルラグビークラブチーム」。

具体的には、障がい者でも参加可能な世界初の融合型ラグビークラブチーム。ひとつに障がいといっても軽度から重度まで様々な障がいがある。全員が全員プレーできるとまでは言わないが、グレーゾーンと言われる発達障がいの人たちのプレー参加は十分に可能だ。そもそもスポーツというものには、「する人」「観る人」「支える人」という基本的な考え方がある。ならば「プレーヤー」「応援」「マネージャー」として、One Teamとなり機能することができる。それが大きなコミュニティとなり、相手を知ることによって健常者と障がい者との壁はそこには無くなり、「共に闘う仲間」になる。

 「令和」。この新時代にふさわしい魅力あるスポーツモデルとしていきたい。

代表 畑中史郎

明日は、その一年後の2020年9月に結成した少年版オデッセイ創立の目的を紹介したいと思います(^^)

TRIAL

体験会のご案内

オデッセイでは、入部希望の方を対象とした無料体験会を随時開催しております。
参加ご希望の方は、電話またはメールにてお問い合わせください。